屋根

料金やメリット

修理

屋根防水塗装は、戸建住宅の陸屋根などで、屋内への水の侵入を防ぐためにおこなわれています。ウレタンを使用する場合は1平米2〜4千円、繊維強化プラスチックを使用する場合は1平米4〜6千円が相場です。

More Detail

追加出来る機能

作業員 屋上防水にかかる費用は色々ありますが近年ではシート等を用いたやり方が一般的で、工事費として百万円程度がかかり工事方法や規模によっても変わってきます。これらの工事方法が人気なのは防水だけでは無く各種の必要な機能を付け加えられる点にもあり、色々な屋上の形等にも対応出来るので人気となっているのです。

More Detail

屋上防水工事

作業員

材料的に十分で無かった時代の屋上防水はある意味で優先度的には低かったのですが、今日では機能性も高くなっていて専門分野として確立されてもいます。屋上の劣化が酷いと防水工事だけではカバー出来ない事もあります。

More Detail

雨漏りの修理の動き

雨漏りについて

雨漏り

 雨漏りは、住宅の屋根に起きるトラブルの中でも特に有名なもので、今現在も困っている人が少なくないです。具体的には屋根に隙間等が出来て、雨が降るとその隙間から屋内に雨が侵入してしまうというトラブルになります。  雨漏りが起きると天井から雨の滴が落ちてきて、それが床にどんどん溜まってしまうというのが代表的な被害です。それ以外にも屋根裏等、普段は目に入らない部分に雨が溜まって、それが建材に浸透する事で腐食等を引き起こす場合もあります。  こうした様々な被害を最小限に食い止めるためには、雨漏りに気付いた段階で出来るだけ早く雨漏り修理を行なう事が大切です。雨漏り修理の方法に関しては自分で行なう方法と、業者に依頼する方法があり、場合によって使い分けるのが良いです。

修理方法等について

雨漏り修理の方法は、自分での修理と業者での修理という2種類の方法に大きく分類する事が出来ます。前者の自分で修理をするという方法は、費用を安く出来る可能性がある事や、自分の好きな時に修理が出来る等の利点があります。 しかし、屋根の上に上がって修理をする事があったりするので、場合によっては大きな危険を伴う可能性があります。また、仕上がりの美しさや完璧さを考えると、専門の業者に依頼したほうが、安心して全てを任せる事が出来ると言えます。 雨漏り修理を専門業者に依頼する流れとしては、まずは業者に連絡を取り、現場の状況を見て見積りを作ってもらいます。その見積り内容に納得したら、実際の修理に入るのですが、修理にかかる期間は雨漏りの状態等によって異なります。 ちなみに費用についてですが、業者等によって多少の差はあるものの、一般的には数万円以上かかる事が多いとされています。